婚約指輪と結婚指輪

婚約指輪の本来の意味

トップ / 婚約指輪の本来の意味

婚約指輪と結婚指輪を混同していませんか

婚約指輪は婚約をしたフィアンセの女性に男性が贈るものです。よく芸能人が婚約発表の際に、金屏風の前で派手なダイヤモンドの指輪を記者陣にお披露目していますが、あれです。そして、結婚式で永遠の愛を誓った二人がお互いに交換するのが結婚指輪です。これは男女ペアのさりげないデザインが多いです。今後長きにわたり、デイリーに使うものだからです。でも最近は、シンプルな結婚式が流行っていることもあり、婚約指輪と結婚指輪を兼用にしてしまうことも少なくないようです。いずれにせよ指輪はセンスのあるデザインを選びたいですね。

結婚指輪を選ぶポイント

結婚指輪を選ぶとき、みなさんどのような基準で選ばれるのでしょう。価格帯でしょうか、材質でしょうか。選ぶときに最も重要なことはそれが長く使えるものであることです。現在多いのはプラチナや金ですが、これは理にかなっていて、これらの金属は非常に腐食しにくい、つまり変色や劣化しにくい材質です。その点で、ダイヤモンドをはじめとする宝石類の入ったものは宝石の変質が考えられることから日常使いとなる結婚指輪にはないほうが賢明かもしれません。とはいえ、二人の記念となる大切な一品になります。

結婚指輪 福岡の事ならこちらが
おすすめです。口コミや評価が参考になるからいいですよ。有名ブランドだから品質にも信用があります。デザインも良いですよ。

クレジットカード情報